キャバクラの本指名と場内指名の違いとは?バック率が大きく変わる

キャバクラでは「指名制度」を導入していますが、この指名制度はキャバ嬢にとってお給料の額が違ってくるだけでなく、お店からの評価にも繋がることを知っていますか?トップクラスのキャバ嬢は、指名制度を上手に使ってNO.1を獲得しているんです。そこでこの記事では、本指名と場内指名の違いを詳しく解説する他に、指名を取るコツについても紹介していきます。

本指名と場内指名の違いとは?フリー入店のお客さんが着くかどうか

大きな違いはバック率が変わるところで、本指名をたくさん獲得すると月収100万円も夢ではありません。筆者はNO.1を何度も経験してきましたが、NO.1になるためには多くの要素が必要で、特に本指名をたくさんいただくことが最も大事です。

【バック率(料金)の違い】

バックの種類本指名場内指名
指名バック平均1,000円平均500円
ドリンクバック平均200円平均200円
ボトルバックボトル料金の30%が相場無し
売上バック売上の10%が相場無し

では、キャバ嬢にとってのメリットやデメリットにも触れながら詳しく解説していきます。

本指名は入店時に決まった女の子を指名すること

お客さんが来店したときに必ずボーイが「指名はありますか?」と聞くので、このときに「○○ちゃんで」と言った場合が本指名になります。本指名をいただいたキャバ嬢はセット時間すべて席につくのが基本ですが、指名が被れば他のテーブルを数分ごとに異動して接客します。

【メリット】

  • バック金額が多くなり稼げる
  • お店からの評価が上がる
  • 本指名してくれるお客さんが増えると仕事が楽しくなる

本指名を多くいただけるようになるとお店への貢献度が高いキャバ嬢として高評価

されるので、良質なフリー客につけてくれるなど、お店側からの待遇が良くなります。また、本指名をくれるお客さんは自分を好んで来店してくれるので、フレンドリーな関係になりやすいため、仕事が楽しくできるところが魅力です。

【デメリット】

  • 本指名に繋げる努力が必要でストレスが溜まりやすい
  • 来店してもらうために昼間のlineやメールでの営業で疲れる

デメリットといっても本指名をいただくには努力は必要ですし、営業はキャバ嬢の仕事の一つです。楽しく仕事ができたりお給料がアップするなどメリットの方が大きいので、稼ぎたいのであれば努力を惜しまず楽しみながら仕事をしていきましょう。

場内指名はフリー客が席に着いてから指名すること

指名無しで入店したお客さんのことを「フリー客」と呼びますが、フリー客の場合はセット時間内で3~5人のキャバ嬢が入れ替わりで接客します。席に着いたキャバ嬢の中で気に入った子が居て「もう少ししゃべっていたいな」と思ったときに指名することを場内指名と言います。

席についた女の子だけでなく、気になった子が居た場合でもお客さんは場内指名をすることができます。フリー客の席に着ける女の子は店長やボーイが決めるため、自由に着くことはできません。

【メリット】

  • バックがもらえて稼げる
  • 本指名に繋がる
  • 場内指名を多くもらえるキャバ嬢はお店からの待遇が良くなる

フリー客は初めて来店するお客さんが多く、お店側は次回来店に繋げるのが上手なキャバ嬢やお客さんの好みに合った女の子をつける傾向があります。場内指名を多くもらえる女の子は「お客さんに合わせた接客が上手い」とお店側に判断され、フリー客の席につけてもらいやすくなります。

【デメリット】

  • 本指名と違い、ボトルを入れてもバックがない
  • 売上バックも無し

デメリットは上記の2点になりますが、バック率の大きいボトルや売上バックが無いので大きく稼ぐことは難しいです。ですが、場内指名を多く獲得できるキャバ嬢になればフリー客に回してもらえる回数が増えるので、太客に出会えるチャンスもあります

初心者キャバ嬢は入店当初から本指名を多くもらうのは難しいので、獲得しやすい場内指名を取ることに集中して仕事をしてみましょう。

当日に場内指名から本指名に変えることは可能?

場内指名と本指名の大きな違いは「バック率」であると解説してきましたが、場内指名をくれたお客さんが「気に入ったからシャンパンでも入れなよ!」なんて言ってくれたとき「本指名なら稼げたのに」と思うキャバ嬢は多いです。

では、当日に場内指名から本指名に変えることは可能なのか?結論から先にお伝えすると、可能です!

【変える方法2つ】

  • 一度お会計をしてから本指名で入りなおす
  • 延長になると自動的に本指名に切り替わる

店舗によっては上記の方法が認められない場合もあるので一概には言えませんが、基本的には2つの方法で変えることは可能なので、詳しく解説していきます。

一度お会計をしてから本指名で入りなおす

一番正当な方法が「一度お会計をしてから本指名で入りなおす」です。フリーで過ごしてみたら居心地が良く、気に入った女の子が居ると多くのお客さんは延長します。しかし、そのまま延長すると場内指名のままで本指名になはなりません。この場合は、お客さんに事情を説明して一度お会計をしてもらいましょう。

お客さん側は本指名料と場内指名料の差額が約500~1,000円程度変わるだけなので、上手に誘導できれば快く承諾してくれます。

延長になると自動的に本指名に切り替わる

店舗によっては場内指名をもらってそのまま延長になると、延長に切り替わった時点で自動的に本指名扱いになる場合があります。お客さんが快く延長してくれるように上手に誘導しましょう。

また、延長ができないラストの時間帯でお客さんがシャンパンやボトルを入れてくれる場合は店長に直談判してみるといった方法もあります。店長の判断しだいではバックをつけてくれる場合があるので、交渉してみましょう。

本指名が多いキャバ嬢は店舗から評価が高い!本指名を取れるようになるには?

本指名の多いキャバ嬢は自分でお客さんを呼ぶことができ売上も上げられるので、お店への貢献度が高く、店長などからの評価が高くなります。貢献度の高いキャバ嬢はお店にとって大事なキャストになるので、優良そうなフリー客に付けてもらえるなど待遇が良くなり、仕事がしやすくなるといったメリットがあります。

しかし本指名をいただくのは簡単なことではないので、指名が取れなくて悩む女の子が多いのも事実です。自分に合ったキャラを作って自己流の接客方法で多くの本指名客を掴んでいるキャバ嬢もいますが、初心者には難しい技ですよね。

ここからは本指名が取れるコツやテクニックを紹介していくので、実践して多くの本指名をいただけるキャバ嬢を目指しましょう。

本指名が取れる接客テクニック

見た目などの容姿が好みで本指名してくれるお客さんも居ますが、やはり注目しているのは「接客」です。居心地の良い接客をしてくれるキャストは、大概のお客さんから良い評価をもらえます。

良い評価が得られればお客さんは「またあの子に付いてもらいたいな」となるので、本指名で来店してくれる確率が上がるんです。「居心地の良い接客」には、お客さんの雰囲気や性格など、会話を通じて察知することが大事な要素となります。

接客方法は様々ありますが、基本的なことから上手な接客方法のコツなど、下記のページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【指名ゲット】キャバクラの接客テクニックを使えば場内指名や本指名も夢じゃない

太客を掴んで本指名をもらうコツ

本指名を多く獲得するには、数名の太客を掴むことが必須です。月に30万円以上使ってくれることが太客の基準になりますが、高級キャバクラではない店舗ではサラリーマンなどの客層も多いため、太客の来店比率は低いです。

それでもNO.1になるような女の子は、太客を掴んでいます。ではどうやって太客なのかを見極めるのか?についてですが、気前の良さや月に何回来店してくれているのかなど観察することが見極め方のコツです。

太客が見極められるようになったら次は、どのようにして本指名をもらうかについてですが、ポイントは仲良くなり距離を縮めることとたのキャストとは違うアプローチをすることです。

下記のページでは上記のポイントについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

キャバクラで太客をゲットする方法|売れっ子キャバ嬢はみんなやっている

次回来店に繋げて本指名をもらうline営業術

お客さんと連絡先の交換ができたらlineやメールで営業するのが基本だと思いますが、あきらかに営業だとわかる内容を送ってもお客さんは「うざい、迷惑」としか思いません。これでは次回来店は期待できませんよね。

しかしコツを掴んだ内容でlineやメールを送ると、お客さんは「またあの子に会いたいな」と思ってもらえて次回来店に繋げることができます。来店の感謝を伝えるlineを送るのは当然ですが、次の日などに送る内容は「プライベート内容で質問で終わる」ことがポイントです。

質問で終わると返信率が高くなる他、仲良くなるきっかけにもなり次回来店に繋げやすくなります。lineの営業術については下記のページで詳しく解説しているいるので、お客さんに送る内容が分からないと悩んでいる女の子はぜひ参考にしてください。

次回来店に繋げる人気キャバ嬢のline営業術|コツはプライベート内容の質問で終わること

フリー客から場内指名を取るのも大事!本指名客になる第一歩

初回のお客さんから本指名をいただくのは難しいため、先ずは場内指名を狙うのが本指名客をゲットする第一歩です。またフリー客から場内指名を多くいただけるキャバ嬢は、優先的にフリー客の席に付かせてもらえるなどお店からの優遇があるので、お給料アップを目指している女の子は場内指名を取るのは大事なことです。

本指名よりも場内指名を狙った方が難易度が低いため、コツとポイントさえ掴めば場内指名をいただくのはそれほど難しくはありません。ではどのようにして場内指名を狙っていけばいいのか、コツやポイントを解説していきます。

場内指名がもらえるタイミング4つ

場内指名を獲得するコツやポイントを知る前に、先ずはどのタイミングでお客さんから場内指名がもらえるのか把握することから始めましょう。

【場内指名がもらえるタイミング4つ】

  • フリーで入店したお客さんの席で気に入られる
  • 本指名の子が「仲の良い子」と紹介した時
  • トイレ待ちや通路で歩いていた時に一目ぼれ
  • 本指名のヘルプについて気に入られる

上記のタイミングを意識して仕事をすると、場内指名をもらいやすくなります。接客のコツは、お客さんの話しをよく聞くことや笑顔での対応を心掛けるなどの他、積極的にアプローチするのも大切です。

場内指名を確実にもらう方法を下記のページで詳しく解説しているので、参考にしてたくさんの場内指名をゲットしましょう。

キャバクラの場内指名を確実にゲットする方法!フリーのお客さんが狙い目

フリー客に印象を与えて場内指名をもらう

フリー客につく女の子はセット時間内で3~5名のため、時間にすると15分程度しか席につくことができません。15分の間にどれだけ自分をアピールできるかがポイントになります。

フリー客から場内指名をもらうには、他の女の子とは違った自己紹介や会話術などを使って印象を強く残すことがコツです。15分の間でできる自分流のアピール方法を考えて、実践してみましょう。下記のページでは印象に残る接客術を詳しく解説しているので、アピール方法の参考にしてください。

キャバクラ|フリー客に付ける時間は15分間!お客さんの印象に一番残る接客術

場内指名をもらうには見た目も大事

フリー客の席につけなくても場内指名をもうらことは可能です。理由は、お客さんは店内に居る女の子をよく観察しているため、「あの子としゃべりたい」と思わすことができれば場内指名をして席に呼んでくれるからです。

他の席についている時の接客態度や雰囲気はもちろんのこと、着ているドレスやヘアーメイクなど見た目も大事な要素になります。他の女の子と違った見た目で自分らしさを演出するのもいいですが、あまりにも自己流すぎてもお客さんは引いてしまいます。

自分に似合ったカラーのドレスを着ることや清潔感を出すことなど、見た目を整えるのも接客術と同じくらい大事です。下記のページでは選ばれるキャバ嬢の見た目について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

キャバ嬢は見た目で選ばれる!?第一印象を良くするための身だしなみ

本指名と場内指名の違いはバック率だった

本指名と場内指名の大きな違いは「バック率」であり、本指名の方がボトルや売上バックがつくので、稼ぎたい女の子は本指名を狙って仕事をしています。しかし本指名をいただくのは難しいため、比較的難易度の低い場内指名を多く獲得することを目標に仕事をするのがおすすめです。場内指名はコツやポイントを掴むことができればそれほど難しくないので、紹介したページを参考にして接客してみましょう。

◯関連記事