ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

初めてのキャバクラ体験入店デビュー!自分が働きたいお店の見極め方

元キャバ嬢・まなみが教える! キャバクラの体験入店デビュー前のお店選び まなみのお悩み相談室
「キャバ嬢のバイトに興味はあるけどわたしでも大丈夫かな・・・」

と、最初は誰もが不安になるものです。どんなお店か、どんな仕事かなどは実際に見たり聞いたりしないと分かりません。だからこそ、キャバクラには体験入店(略して体入)のシステムがあります。

この体験を経て、本入店するかどうかを決めるべきなので、体入がないお店は論外です。働くことはオススメしません。今回は、体験入店のポイントや見極めるコツをお伝えしますね。

目次
関連記事

キャバクラの体入とは|お店の探し方からメリット・面接準備までが全てわかる >

2019年10月18日

初めての体験入店|数時間の体験で本入店を決めていいの?

考えている外国人女性

いくら求人に良いことが書いてあったり、面接で良いことを言われたとしても、本当のところ、実際に働いてみないとわかりません。求人の内容が実際と違うということは多々あります。どんなお店なのか、どんなことをするのかを体験入店を通してしっかりチェックしてください。

簡単そう、楽そうに見えても実情はなかなかシビアだし、向き・不向きが大きい仕事なので、トラブル回避のためにも体入は重要です。とは言え、初めて体入では何をチェックしたら良いのか悩むかもしれません。

どんなことをするのかも知っておいた方が心の準備にもなるでしょう。以下に簡単な流れとチェックポイントを挙げていきますね。また、一日数時間の体入で決めちゃって良いの?という不安もあるでしょう。決められないなら無理に決める必要はないです。個人的にはフィーリングを大事にして欲しいなと思います。

森山まなみ
お店によっては複数回の体験入店システムをとっている場合もあるので、一日だけの体験では不安という女性は面接時に聞いてみてください。

1.1体験入店当日にする一連の流れ

キャバクラの面接に合格したら、まずは体験入店です。キャバクラでの一日の流れとお店の雰囲気など実感することができます。面接当日すぐの時もあれば、後日ということもあります。早く仕事を始めたいなら、面接後すぐに体入できるように準備をしておきたいですね。

体験入店当日の流れとしては、
  • 更衣室で着替えとヘアメイク
  • 黒服から一通りの説明を受ける
  • ホールで接客
  • 3~5時間ほど席についたら仕事は終わり
  • 着替えたら体験入店の日払いをもらって帰宅

という感じでしょうか。

キャバクラではドレスをレンタルできることが多いので、当日体入になっても大丈夫です。お店に出るような服を持っていないから毎回借りるというバイト嬢もいますが、できるならサイズぴったりで自分に似合うドレスを用意したいですね。

体入の段階では黒服からの説明はごく簡単なものであることが多いので、分からないことがあれば同じ席の嬢に聞いたり、黒服を呼びましょう。

ホールとはお客さんがいるフロアのことで、待機席と客席があります。お客さんの席につかない時間は待機席で待つことになるのですが、その間も店内や接客しているキャバ嬢の様子をしっかり観察してください。

勤務時間はお店やキャバ嬢によってそれぞれで、短くて3時間、長いとオープンからラストまでになります。体入の場合は短めで、終電までに帰してくれることがほとんどです。

森山まなみ
でも、もし電車が終わってしまっても送りの車があるのでお願いしましょう。

1.2体験入店が終わった後

体験入店が終了すると本入店するかどうかの結論を出さなければなりません。黒服に働いた感想や続けて働くかどうかを聞かれますが、その場ですぐに決めなくても大丈夫です。実際にキャバクラで働いてみると、想像とはいろいろと違う面があると思います。

キャバ嬢は華やかなドレスを着て、お酒を飲みながらお客さんと会話をするだけの仕事に見えますが、その裏で様々なルールがあるし、細かい気遣いも必要です。 やっていけるかどうかをよく考えてから答えを出しましょう。

もし不明に思っていることがあれば、このタイミングで遠慮なく確認してください。特に、本入店してから聞きにくくなってしまう時給や手当てなどの待遇条件については納得できるまでしっかり聞きたいですね。

森山まなみ
「やっぱり自分には合っていない」と思ったら、流されずに断りましょう。その場で断りづらいなら、後日連絡にしておいて、後から電話で断りを入れる手もありますよ。

体験入店時にお店の○○をチェックしよう

チェックシート

体入では漠然と働くのではなく、お試しバイトであっても、いろいろと考えながら見て聞いておきたいものです。例えば、以下のような項目をチェックしましょう。

  • 日払いの有無
  • お給料の内容(控除など)
  • ノルマの有無
    (あればどの程度のノルマなのか)
  • バックの内容
    (指名、場内指名、ドリンク、フード)
  • トイレやキッチンなどが綺麗に掃除されているか
  • 店内は清潔か
  • 衣装のレンタル代やヘアメイク料金
  • お店の罰則
  • お店側が実施している迷惑客の対策

他にも、働いているキャバ嬢やスタッフ(従業員)、お客さんについても観察が大事です。

2.1お店の雰囲気やお客さんのタイプ・年齢層

キャバクラと一口に言っても、全てをひとまとめにしては語れません。どこも同じ・・・と思ったら大間違いです。地域や立地、箱(店舗)の大きさ、経営者などが違えば、まったく違うお店になります。

特にお店のランクは重要で、いわゆる安キャバと高級店とでは、店内の雰囲気からお客さんのタイプ・年齢層、働くキャバ嬢まで天と地ほどの差があります。自分がお店の雰囲気に合っていなければ浮いた存在になってしまうし、いっしょに働くキャバ嬢や男子従業員に馴染めないのも辛いでしょう。

来店するお客さんのタイプもキャバクラ店の格によって違います。やはり高級店には上品なお客さんが多いので、落ち着いた接客ができます。安めのキャバクラには若いお客さんも来るので、わいわい盛り上がった席になりがちです。

森山まなみ
お客さんのタイプや客層、お店の質などにも目を向けて、あらゆる面から判断してみてください。自分が居心地の良いキャバクラなら楽しく長く働けますよ。

2.2スタッフの働きぶりや女の子同士の雰囲気

キャバクラのスタッフと言えば黒服やボーイでしょうか。他にもキッチンやレジ、ヘアメイクなどのスタッフさんもいます。小さいお店ではボーイや黒服が店内のあらゆる仕事をこなすので男子従業員しかいないことが多いですが、お店の規模によっては女性スタッフがいるキャバクラも少なくありません。

適所に適切なスタッフが配置されていて、テキパキと動いているお店は回転が良く、キャバ嬢にとってもストレスが少ないです。特に、お客さんとトラブルになりそうな時に黒服がスムーズに仲裁に入ってくれるかどうかは重要です。キャバ嬢が接客だけに集中できるように気を配ってくれるお店が理想なので、キャバクラの体入ではスタッフの働きぶりを見るのもポイントになってくるでしょう。

さらには、いっしょに働く女の子、同僚になるキャバ嬢たちの雰囲気もさりげなくチェックしてみてください。休憩中などに話せる嬢がいたら、軽く体験談などを聞いておくと良いですね。 更衣室やキッチンで悪口や陰口、嫌味などが飛び交ったりするようなお店はもちろんNGだし、派閥やマウンティングなどがあると馴染みにくく、慣れるのに一苦労だと思います。

体験入店の子にも気さくに話かけてくれるアットホームな雰囲気のお店は働きやすそうに感じますが、競争心が湧きにくく、売り上げにつながらない場合もあります。 一方、ライバル心を燃やしていたり、競り合う気持ちが強いキャバ嬢が多いと、お店の売上向上にはつながりますが、精神的に追い込まれやすくなるでしょう。

どちらのお店が良いとか悪いとかではなく、自分にとってどちらのパターンのお店が働きやすいかを考えて決定のポイントにしてください。

関連記事

キャバ嬢の売れる源氏名300選&人気キャバ嬢の源氏名TOP10>

2020年01月10日

こんなお客さんには注意!酷い下ネタや侮辱する嫌な客

怒っている外国人女性

キャバクラのお客さんには様々なタイプがいます。すべてのお客さんが良い人なら気持ち良く仕事ができますが、世の中そう上手くはいきません。

注意したいのは、キャバ嬢の反応を楽しむために酷い下ネタや侮辱的な発言をしてきたり、セクハラ紛いの行為を繰り返す最悪なお客さんです。そんなゲス男はがお客さんでは、接客するキャバ嬢は病んでしまいます。なるべくなら避けたいし、まずそんなお客さんが来るキャバクラは選んではいけません。

高級店では悪質なお客さんには出入り禁止の対応をします。でも、格安のキャバクラはお客さんを選べない経営状態のお店が多く、問題ありのお客さんでも来店させることがあります。

つまり、お客さんの質を考えるなら、働くキャバクラを選ぶときにはある程度お店のレベルを上げて検討するべきなのですね。

ただ、高級店にも最悪ではなくても嫌なお客さんはいるものなので、接客業では避けて通れない道と言えるでしょう。悪い人ではないけれど苦手なタイプのお客さんだったりすることもあります。

また、お気に入りの子が指名されると必要以上に嫉妬するような面倒くさいタイプのお客さんもいます。 体験入店では、お客さんの質をチェックすると同時に、お店の迷惑客対処方や先輩キャバ嬢がどのようにかわしているかも見ておきたいですね。

森山まなみ
もし体入の時にこうしたお客さんに絡まれてしまったら、すぐに黒服やスタッフに助けを求めてください。スムーズに仲裁に入ってくれるなら本入店でも安心して働けるはずですよ。

まとめ

ナイトワークの中でも、キャバ嬢やクラブホステスはお給料が高いお仕事です。専属はもちろん、バイトでも高時給なので、効率よく稼ぎたいと思うならキャバクラでという選択になるのは当たり前でしょう。

でも、高いお給料がもらえる分だけ求められるものが大きいし、夜のお仕事は危険リスクが付きまとうのも事実です。 となれば、働くキャバクラ店は慎重に見極めなければならないし、体験入店は欠かせません。ましてや初めてキャバクラで働くなら絶対です。辛いだけの仕事になっては長続きはしません。

せっかくキャバクラで働くなら、自分にとってベストのお店でキラキラのキャバ嬢として笑顔いっぱいで楽しく働いてくださいね。

記事一覧へ

新着記事

ページトップへ