ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

シャンパンLAURENT PERRIER(ローランペリエ)|今SNSで密かに話題沸騰!?

シャンパンの種類LAURENT PERRIER(ローランペリエ) お酒の種類

セレブの間や英国王室などでも親しまれているシャンパン、LAURENT PERRIER(ローランペリエ)。日本ではワインやシャンパンなどを取り扱っている酒屋、キャバクラなどにおいてあり、多くのキャバ嬢に親しまれているシャンパンです。

この記事では、シャンパン・ローランペリエの歴史や商品ラインナップ、平均相場などについて詳しく紹介していきます。

目次

ローランペリエは160ヵ国以上に愛されるシャンパン

シャンパン

ローランペリエ社は1812年に創業されました。元樽職人であるアンドレ・アルフォンソ ・ピエル一人から始まったローランペリエ社はその後受け継がれていきます。凄腕の経営者であるベルナール・ドゥ・ロナンクールによって非発泡性のステイルワインで大ヒット

会社は英国王室との親交があり、2011年にはウィリアム王子の結婚式で振る舞われたほどです。フランスをはじめとした160ヶ国以上に輸出されている最高品質のシャンパン。

資金を集め、多くのシャンパンメーカーが立ち並ぶ中どんどん成長していき、現在はアメリカのワイン評論家ロバート・パーカー氏の「ワインバイヤーズガイド」で星5つを獲得するほど評価の高いシャンパンとして有名です。

ローランペリエは日本でももちろん評判が高く、サントリー社が輸入しているシャンパンなのでです。その高品質さゆえに、航空会社のJALがファーストクラスのシャンパンとして提供しています。

1.1SNSやブログでも各種類がキャバ嬢に人気

LAURENT PERRIER(ローランペリエ)はセレブや英国王室だけでなく、もちろんキャバ嬢にも人気のシャンパンです。

少し独特な形状のローランペリエ ロゼの瓶を持って、写真を投稿している女の子もいます。限定の瓶が可愛らしく、インスタ映えしていますね。

ローランペリエの商品ラインナップと平均相場

2.1平均4年の熟成期間|ラ キュベ

ラキュベ

全て手摘みで収穫したブドウの一番搾り果汁が使われ、熟成期間は最低4年と長期間のラ キュベ。ローランペリエの代表作「ラ キュベ」。

複数のブドウが使われているため、収穫年が定まっていない「ノンヴィンテージシャンパン」は法的に15ヵ月の熟成で出荷して良いと決められているのです。ですが、ローランペリエは最低でも4年間は熟成させてから出荷します。長い時間をかけて熟成されているため、より芳醇かつ香り高いシャンパンが完成。

もぎたての柑橘類や花の香りが感じられるほど爽やか。グラスに注ぐと淡い金色の美しいシャンパンから、絹のようにきめ細やかい泡がシュワシュワと弾けます。後味には白桃など果肉のような香りが広がる、辛口のシャンパンです。多くのキャバ嬢が愛飲しており、くどくない味わいが特徴です。

特に、シャンパン通のお客さんならうんちくを語りたがるくらいハイセンスなスパークリングワインなので、お客さんに「実はうちのお店、ローランペリエのシャンパンが置いてあるんです。一度で良いから飲んでみたいな~♡」と甘い表情で伝えてみるのも一つの手です。

アルコール度数:12%
容量:750ml
市場販売価格:7,000円~
キャバクラでの平均相場:30,000円~

2.2古き良き時代の甘みを伝える|ドミ セック

18世紀の貴族に好まれていた甘口のシャンパンがドミ セックです。今はシャンパンは辛口が主流ですが、このシャンパンは甘口なので、古き良き時代の伝統を感じられるとシャンパン通にも評判です。

「ドミ セック」は王道のシャルドネ約45%、ピノ・ノワール約35%、ピノ・ムニエ約20%を使用しており、厳選された高品質のブドウのみを使用。最低3年以上の熟成による凝縮感を味わうことができるシャンパンで、イエローゴールドに輝く色合いとアーモンドを少し炙ったような香ばしさが特徴。

味はハチミツのような深い甘みの他、ドライフルーツやナッツ特有のまろやかな口当たり。さらに、美味しく飲むときの温度は、6℃~8℃がベスト。温度を守ることで、より「ドミ セック」のフレッシュさと凝縮感を味わうことができます。

また、スイーツとの相性が抜群なので、キャバクラだけではなくレンストランやちょっとした自分へのご褒美にも最適な1本です。

アルコール度数:12%
容量:750ml
市場販売価格:7,000円~
キャバクラでの平均相場:30,000円~

※キャバクラによって販売価格が異なる

2.3限られた年のみのヴィンテージ|ブリュット ミレジメ

ブリュット ミレジメ

「ブリュット ミレジメ」は限られた年に限られた数しか造られないヴィンテージシャンパンです。これまで発売されたヴィンテージは1982・1985・1988・1990・1993・1995・1996・1997・1999・2000・2002・2004・2006・2007年になります。

淡いシャンパンゴールドが輝き、豊かできめ細やかな泡がとてもまろやかです。花のような華やかな香りの後、柑橘系の果物の香りと複雑さを感じるシャンパンです。

少し塩味の感じられる、エレガントな引き締まった印象の味わいです。そして後味には、ビターオレンジのようなほろ苦さが残ります。

キャバクラで特別な記念日には思い切って「ブリュット ミレジメって〇〇年のものがあるの?」「わたしの誕生日のものもあるかな?」などと尋ねてみるのもありでしょう。

アルコール度数:12%
容量:750ml
市場販売価格:10,000円~
キャバクラでの平均相場:40,000円~

※キャバクラによって販売価格が異なる

2.4ドサージュなし製法|ウルトラ ブリュット

ウルトラ ブリュット

ほとんどのシャンパンは最後の仕上げにドサージュ(後から糖を加えること)をしますが、このシャンパンはその手順を踏んでいません。そのため極辛口シャンパンですが、デリケートな味わいですっきりとした後味も大変バランスが良いです。

素材の良さが生かされており、他のシャンパンメーカーにはできなかったものでした。これによりローランペリエ社はゼロドサージュシャンパンの先駆者になりました。澄んだ透き通るクリスタルのような金色のシャンパンです。レモンやライムなどを思わせる柑橘系、桃などの果実のフルーツや花をイメージさせる香りが凝縮しています。

口に含むと辛口の鋭さを感じますが、バランスがとれているので飲みやすいです。長くフレッシュさが続きます。熟成期間は最低でも長めの6年なので、複雑な旨味を感じられます。

アルコール度数:12%
容量:750ml
市場販売価格:13,000円~
キャバクラでの平均相場:50,000円~

※キャバクラによって販売価格が異なる

2.5.初めてのノンヴィンテージロゼ|ロゼ

ノンヴィンテージロゼ

ローランペリエのロゼはノンヴィンテージ(製造年月日が定まっていない)シャンパンです。「ピノノワール」(赤ワインに用いられるブドウ)だけを使って、色素を抽出させてロゼシャンパンを造り大ヒット!

ボトルの形状にもこだわっており、モダンな雰囲気を感じさせる個性的な形状なので、SNS映えはバッチリ。ラズベリーやサーモンピンクのような色合いに、ストロベリー、木苺、ラズベリー、ブラックチェリーのようなベリー系果実のフレッシュな香りが鼻をくすぐります。

口に含むと最低4年熟成させたことによる凝縮したフルーツや、新鮮なベリー系の印象が広がります。後味の余韻も長く続き、楽しませてくれます。

アルコール度数:12%
容量:750ml
販売価格:15,000円~
キャバクラでの平均相場:60,000円~

※キャバクラによって販売価格が異なる

2.6複数ヴィンテージのブレンド|グラン シエクル

グラン シエクル

ローランペリエの「グラン シエクル」は白ぶどうと黒ぶどうを混ぜたり、複数のヴィンテージをブレンドして造られたヴィンテージシャンパンです。熟成期間は最低でも7年以上かかります。

淡いゴールドが美しく、かすかに蜂蜜をイメージさせる香りを漂わせるシャンパンです。他にもへーゼルナッツ、ローストしたアーモンド、白い花などを思わせる香りが絡み合い、複雑な香りになっています。

リッチな口当たりと豊かなミネラル感が感じられる辛口です。長い余韻が印象的で上品な味わいになっています。

アルコール度数:12%
容量:750ml
市場販売価格:30,000円~
キャバクラでの平均相場:100,000円~

※キャバクラによって販売価格が異なる

2.7娘への想いを伝えるシャンパン|アレクサンドラ ロゼ

アレクサンドラ ロゼ

ローランペリエの「アレクサンドラ ロゼ」はプレステージクラス(造り手が威信をかけて造る上級のシャンパン)で長期熟成に耐えられるロゼシャンパンです。

アレクサンドラとは創設者の娘の名前で、1987年にアレクサンドラの結婚式を記念に、彼女の名のつけた「プレステージ ロゼ シャンパン1982」が発表。

ピノノワールを漬け込みながらシャルドネも同時に漬け込むという方法でアレクサンドラ ロゼは造られています。

長期熟成をするために、アレクサンドラ ロゼでは「シャルドネ」というブドウを約20%使っています。しかしロゼシャンパンである以上、黒ぶどうと白ぶどうを使っているにも関わらず、赤ワインと白ワインを混ぜない方法を考えねばならず、製造には大変手間がかかっています。

深みのあるサーモンピンクの色に似つかわしい野苺、赤スグリを煮詰めたジャムのような味わいに、砂糖漬けした柑橘の香りが続いてきます。

アルコール度数:12%
容量:750ml
販売価格:60,000円~
キャバクラでの平均相場:300,000円~

※キャバクラによって販売価格が異なる

まとめ

たくさんの商品ラインナップが並ぶローランペリエ。甘口から辛口まで、さらにゼロドサージュ(糖を後から加えない)のシャンパンなど、ローランペリエなら状況に適したシャンパンが選べます。瓶にも趣向を凝らしたものがあるので、インスタ映えなども狙ってみてはいかがでしょうか。

キャバクラでお客さんにおねだりをするときには今回の知識を思い出してみると、良いタイミングでのおねだりができたり、楽しく飲むことができそうですね。

関連記事

キャバクラの王道シャンパン|モエ・エ・シャンドンはお客さんにおねだりしやすい>

2020年02月21日
関連記事

令和が誇る最高峰シャンパンSoumei(ソウメイ)|キャバ嬢がこぞって飲む理由を解明>

2020年01月17日
関連記事

シャンパンKRUG(クリュッグ)|人気キャバ嬢たちのSNSを賑わす高品質なシャンパン>

2020年01月17日
記事一覧へ

新着記事

ページトップへ