夜職のバーってどんな仕事?ガールズバーとの違いも比較してみよう

夜職デビューの候補に「バー」もあがっているあなた!「バーってなんだかカッコいい♡」というイメージはあれど、具体的な仕事内容って意外と未知の世界じゃありませんか?今回はバーの仕事内容・きついことなどを徹底解説。さらに「他の夜職も気になるかも」と考えている方に向けて、ガールズバーとの比較もしていきます。同じバーでも、かなり違いがあるのでしっかりおさえましょう!求人情報を探す前に、ぜひ参考にしてくださいね。

バーは夜職の中でも一般的な飲食店に近い

さっそく、「バーってどんな仕事?」という部分についてですが、数多くある夜職の中でも、一般的な飲食店に近い立ち位置にあります。

主な業務内容を見てみましょう。

  • オーダーを取る
  • 注文されたものを作って提供する
  • 掃除や片づけ
  • 買い出しなど開店準備

このように、基本となる業務内容は居酒屋やレストランとそれほど変わりありません。居酒屋やレストラン、カフェなどでの勤務経験がある方は、採用にも有利ですよ。

他の夜職の場合、ガールズバーやスナックなど、比較的小さい規模かつ女性キャストのみで運営しているお店であれば、開店準備や掃除などが業務に入っているケースもあります。

キャバクラの場合は、女性キャストは接客に集中するため、開店準備などの負担はありません。

一般的な飲食店との大きな違い

バーは夜職の中でも一般的な飲食店に近い立ち位置にあるものの、居酒屋やレストランとは大きく異なるポイントもあります。

  • お客さんとの会話量が多め
  • お客さんと一緒にお酒を飲むことがある
  • お酒の知識を求められることがある

バーというと「バーテンダー」がイメージされますが、必ずしも「バーで働く=バーテンダーになる」というわけではありません。

しかし一般的には「バーで働いている=お酒に詳しい」というイメージがあるため、お客さんからお酒について聞かれることは他の居酒屋やレストランよりも多いです。

「このお酒のおいしい飲み方は?」など初歩的なことから、限定販売のレアなお酒まで、”お酒の話”を楽しみに来るお客さんも。

最初から詳しくある必要はありませんが、働きながらの勉強は重要ですよ♪

また一般的な飲食店と比べ、バーはお客さんとの距離感が近いのも特徴的。常連さんが中心で、一緒にお酒を飲む機会が多いバーももちろんあります。

もちろんバーにもさまざまなお店がありますので「どんどん接客してお客さんと仲良くなって」というお店もあれば、「ある程度の距離感を保ってね」というスタンスのお店も。

バーには他の夜職のように一日体験などもありませんので、働きたいバーを見つけるところから始めるのが良さそうですね♡

初めての夜職でバーを選ぶメリット

まずは夜職デビューとしてバーを選ぶメリットについて考えていきましょう。

わくわくが大きくなると、お店探しもはかどりますよね♪

お酒のプロになれる!

求められるお酒の知識量はお店によって異なりますが、あなたが「覚えたい」と思うなら、いくらでも知識と技術を伸ばしていけます。

後述しますが、バーにはいろんな種類があるので「日本酒を覚えたい」なら日本酒バー、「バーテンダーとして活躍したい」と思うならオーセンティックバーなど、お酒関係の目標がある方は、目標に応じて特化したお店を選ぶと、働きながらグングン成長していけますよ♪

また、お酒の知識は、キャバクラやスナックなど、どんな夜職に就いてもあなたの武器となります。「こんなに詳しい子がいるんだ!」と感激されることもありますし、昼職の世界でもさまざまな人とのコミュニケーションに役立つ知識です。

いろんな人と出会える

バーで働くと、これまでの人生では接点がなかったようなタイプの人とも知り合えます。お店のジャンルや立地によって客層が異なるのも、バーの面白いところ。

銀座や六本木にあるようなちょっと良いバーではハイクラスな客層が多かったり、スタンディングバーでは外国人が多かったりなど、新たな世界が広がるはず。

そしてもちろん、一緒に働くスタッフとの出会いも多くあります。長年その道でやってるプロフェッショナルな人、自分とはまったく違う人生を歩んできた人など、バーに限らず夜職では「一生の友達」を見つける人も多いんですよ♪

夜職の中でもバーはきつい?大変なこと・働くデメリットを整理しよう

つづいては、バーで働く上で大変なこと・デメリットを解説していきます。

夜職はジャンルによって、それぞれ異なる大変さを持つのも特徴です。

自分にとって働きやすい形、自分にとってのメリットがデメリットを上回る仕事を選ぶと、初めての夜職でもがんばれますよ!

お酒の種類を覚えるのが大変!

どのお店も豊富なドリンクメニューを用意していますが、お店ごとにビールやカクテルなど、こだわりのお酒を中心にメニューを増やしていることも。

新人さんでも分かるメジャーなお酒もあれば、コアなお酒ファンが喜ぶマニアックな銘柄を揃えているバーも少なくありません。

他の夜職であるキャバクラやスナックでは、お酒に詳しくなる必要はまったくありませんが、バーは働きながら知識を身につけていく向上心を求められます。

また、カクテルの名前だけではなく、使われている材料や作り方も把握しておかないと、お客さんの質問にも応えられません。

「お酒に詳しい!」「お酒の勉強をしたい!」などの気持ちは、バーを選ぶなら必須の要素と言えるでしょう。

泥酔客の対応が大変!

一軒目でバーを選ぶ人は少なく、ほろ酔い加減で来店する人が多いのはなんとなく想像ができると思います。

中には泥酔した状態で来店する人も……。

「泥酔客お断り」としている場合でも、バーで飲んでいる途中で悪酔いし始めたり、リバースしてしまったりなどのケースもしばしば起きるものです。

悪酔いした客が他のお客さんに絡んだときの対応、リバースされた汚れ物の処理などは、バーで働く大きなデメリットとなるでしょう。

経験を積めばスムーズな対応ができるようになりますが、慣れないうちはストレスに感じるかもしれません。

週末やイベント時に休みを取りにくい

バーの集客ピークは、週末です。そのため金曜土曜の休みは取りにくく、稼ぎ時であるクリスマスシーズンなども自由に休みを取れないのは大きなデメリット。

他の夜職でもこの点は共通するのですが、バーはキャバクラやスナックと比べ、全体の従業員数がそこまで多くありません。「1人欠けると大変」というギリギリの人数で回しているお店もあります。

「毎週末は休みたい!」という方にバーは向きませんが、休みの取りやすさやルールについては面接時に確認しておきたいポイントですね!

多様化するバーの種類にも注目!初めての夜職に向いているのはどれ?

ここまで、ざっくりと広いくくりでの「バー」について解説を進めてきましたが、バーといっても、いろいろな種類のお店がありますよね。

時代とともにバーの種類も多様化しているので、あなたが楽しく働ける種類を考えてみましょう♪

オーセンティックバー

  • 夜職デビューおすすめ度:★☆☆☆☆

”本物の” という意味を持つオーセンティックの言葉には、格式の高さも含まれています。オーセンティックバーはカウンターがあり、知識と技術を持ったバーテンダーがいて、落ち着いた大人ムードであることが特徴です。ある程度の経験や知識を求められるため、夜職デビューには向きません。

スタンディングバー

  • 夜職デビューおすすめ度:★★★★★

立ち飲みスタイルのバーです。リーズナブルな料金設定と、カジュアルな雰囲気が特徴的。外国からのお客さんも多く、わいわいとインターナショナルな楽しみ方ができます。お客さん同士が仲良くなるケースが多いのもスタンディングバーの特徴で、人とコミュニケーションを取るのが好きなら夜職デビューにもおすすめです。

スポーツバー

  • 夜職デビューおすすめ度:★★★★☆

大型テレビが設置され、サッカーやラグビー、野球などさまざまなスポーツを観戦しながらお酒を楽しむタイプのバーです。こちらもスタンディングバー同様に、外国からのお客さんが多く集まるお店も多いですよ!

ワイン・日本酒バー

  • 夜職デビューおすすめ度:★★★☆☆

ワインや日本酒など、特化型のバーも最近は人気。採用基準に知識があるかどうかはお店によりますが、お客さんは「ここの店ならワイン/日本酒に詳しいはず!」と、マニアックな質問をしてくることも。知識がないなりの接客力や向上心を求められる仕事です。

夜職初心者は要チェック|ガールズバーってどんなバー?

「夜職」というくくりでバイト探しをしている人にとっては、同じバーでも「ガールズバー」も気になっている候補ですよね。

ここまで解説してきた一般的なバーとガールズバーには、どのような違いがあるのかを比較して、あなたに合う方を選んでくださいね♪

働き方の違い

まず一般的なバーとガールズバーでは、働き方が大きく変わります。ガールズバーでは、一般的なバーでの業務(オーダー取りや清掃など)だけではなく、以下の内容が加わることも!

  • 積極的な接客
  • コンセプトに合った衣装の着用
  • 同伴や営業などお客さんとの付き合い

やはり一般的なバーとの決定的な違いは、男性客中心で、お客さんが求めるのは女の子とのトークや楽しい時間であること!

一般的なバーでは、お店により「どれくらい積極的に接客するか」が変わります。しかしガールズバーでは、どのお店でも積極的に接客しなければなりません。

また、バニーガールやJK風など、コンセプトを立てているお店ならば、決められた衣装を着用します。一般的なバーでもある程度の服装規定はありますが、ガールズバーの場合には露出度が高くなることもあるので要注意。

同伴や営業に関しては、ガールズバーの中でもスナックやキャバクラに近い業態の場合に限ります。「ノルマがない」とイメージする方が多いですが、実際は人気商売ですので「売れない子」のままでは居心地が悪くなるかも。

表向きのノルマはなくても、プレッシャーとストレスがあることは、覚えておいてくださいね。

給料システムの違い

一般的なバーの時給は、1,000円程度+深夜手当が相場といったところ。一方でガールズバーの時給は、1,200円~1,500円程度が相場です。

ここからが大きな違いですが、ガールズバーは「インセンティブ」がつくお店も多くあります。お客さんからご馳走してもらうキャストドリンクや指名など、実質のシステムはキャバクラのバックと同様です。

売れっ子になると時給2,500円なども夢じゃなく、一般的なバーのようにお給料に上限がない点は大きな魅力でしょう。

ガールズバーに向いている人

これまでの一般的なバーのメリット・デメリット、またガールズバーの違いも踏まえた上で、「ガールズバーの方が向いている人」をチェックしてみましょう。

  • 男性客の対応がストレスにならない
  • コスプレやイベントが大好き
  • お酒関連の目標を持っているわけではない
  • いずれはキャバクラもやってみたい

やはりガールズバーは、一般的なバーと比べると一気に”夜職感”が強まります。その点に抵抗感がなく、自分の人気を高めながら、少しでも高収入を得たいと思う方に、ガールズバーは向いています。

一方で、もしあなたが「お酒の知識をつけて、お酒のプロになりたい」と望んでいるのなら、選ぶべきは一般的なバーです。

ガールズバーではそこまでお酒の知識を求められませんし、お客さんが求めるクオリティも高くはありません。お酒関連の目標を持っているなら、オーセンティックバーやワインバーなどを選んだ方が、効率的に学びながら経験値を増やして行けるでしょう。

まとめ:バーでの夜職デビューはお店選びが重要

今回は夜職デビューを考えている方に向けて、バーで働くメリットやデメリット、そしてガールズバーとの違いなどをお伝えしてきました。

「バー」と言ってもさまざまなタイプのお店があり、接客方法や求められるお酒の知識量にも違いがあります。

「バーで働きたい!」と思ったら、まずはあなた自身が、どんなタイプのバーで働きたいのかを整理してみましょう!自分の理想を叶えられるお店で働くと、モチベーションを高く保ったまま頑張れますよ♪

〇関連記事

ガールズバーのバイトは危ない!?口コミや仕事内容・リスクを徹底解説

キャバクラで盛り上がる話題4選|楽しませるには話し方も大事!

  • URLをコピーしました!