夜職のラウンジって?仕事内容を理解して自分に合う店で働こう!

夜職を始める前には、ラウンジやキャバクラなど、それぞれの違いは知っておきたいもの。「時給も大事だけど、客層や女の子の雰囲気も知りたい!」と思いますよね。そこで今回はラウンジの仕事内容や向いている女性の特徴を解説していきます。記事後半ではラウンジ以外の夜職も解説しますので、あなたに合う夜職が見つかりますよ♪

夜職は仕事内容を理解して自分に合う店で働こう!

「夜職って、男性を接客して、一緒にお酒を飲む仕事だよね?」

「ラウンジやキャバクラに、そんな大きな違いってあるの?」

夜職未経験の方、もしくはまだ一か所でしか働いたことがない方は、それぞれの違いがちょっと分かりにくいですよね。

確かに、”男性客を相手に接客する” という点では、どの夜職も変わりありません。

しかし実際に働いてみると、細かいルールや料金体系、客層などに違いがあると分かります。こうした違いは、働きやすさに大きく影響します。

「ラウンジがよくてキャバクラはダメ」という話ではなく、働く場所によって合う合わないがあるんです。

「私は見た目が地味だからスナックかな」と思っていても、意外とキャバクラが合っているなんて可能性も十分にあります。

そして自分のキャラクターを活かせるお店で働くと、人気も出やすくなり、結果的に収入に大きく影響するんです!

もちろん、自分に合うかどうかは、一日体験などを通して実際に働いてみないと分かりません。しかしまずは大前提としての知識をおさえるために、この記事でラウンジや他ジャンルの夜職について、それぞれの特徴をチェックしていってくださいね。

夜職のラウンジの仕事内容って?

まず前提として、「ラウンジとは〇〇なところ」という一括りにした説明はできません。

夜職にはさまざまなタイプのお店がありますが、どう名乗るかはお店の自由であり、定義が決まっているわけではないんです。

とはいえ、一般的にイメージされるラウンジには、ママがいます。まずはここがキャバクラとの大きな違いになりますので、その点から解説を進めていきましょう。

ママの存在

「ママが居るのといないのでは、そんなに大きく違うの?」と疑問に感じるかもしれませんが、まったく違います!

  • ママ不在のお店→自分主体の営業方針
  • ママがいるお店→ママ主体の営業方針

キャバクラにはママがいませんので、お店全体のルールはあるものの、基本的にはキャスト(働いている女性)それぞれが自分を主体として営業をします。「お店の場所を借りた個人事業主になる」とイメージしてください。

一方、ママがいるお店では、ママがルールです。ママの下にキャストがいる構図ですので、お店の営業方針や接客方法などもママのキャラクターや考えによって変わります。

もしラウンジで働くと決めた場合には「ママとの相性」が、働きやすさの大きな軸となるでしょう。

接客

キャバクラはマンツーマン接客ですが、ラウンジではいろんなパターンがあります。複数人のお客様をひとりで接客することもあれば、ひとりのお客様に複数人がつくこともあるんです。

自分が担当するお客様だけではなく、ママや他キャストが担当のお客様を接客することも多くあります。個人プレーのキャバクラと比べると、チームプレーとなってくるのがラウンジということ。

もちろん、だからといって「売上に貢献しなくていい」ということはありません。

ラウンジはキャバクラのように売上至上主義ではないにしろ、やる気のある子は時給に反映させてくれますし、長く夜職を続けていくなら自分の固定客を増やしていくのは、必要不可欠です。

この点について、次の項目で詳しく掘り下げていきましょう。

給料

ラウンジの給料体系は、「時給制」もしくは「日給制」です。時給制の場合、相場は東京都で3,000円~4,000円とされ、キャバクラの時給相場よりも高くなっています。

ただし、ラウンジはお店ごとの差が大きいジャンルで、「スナックに近いラウンジ」もあったりします。そうなると時給は2,000円~2,500円程度もらえれば高い方と言えるでしょう。

また、「ラウンジには指名争いがない」と言われることもありますが、これも店によります。ボトルバックや同伴バックを取り入れているお店は、表面的なシステムとしての「指名」が無かったとしても、実質としての指名はあるはずです。

これは時給制・日給制、どんな給料体系を取っているお店でも、最初に確認しておきたいポイント。スナックに近いラウンジで週に2~3回程度の出勤日数なら、基本時給のみで働くキャストが多いですよ。

また、東京都内の高級エリアにあるラウンジは、基本的にはキャバクラ寄り。ママ不在のお店も多いですし、指名やボトルバックもキャバクラ同様のシステムを採用しています。

そのため時給も4,000円~5,000円と、かなり高額です。

夜職のラウンジで働くのに向いている女性は?

夜職を決めるときには、「私ってラウンジが向いているのかな?それともキャバクラ?スナック?」と悩みますよね。ラウンジはお店ごとの違いが大きいので、分けて考えてみましょう!

<小規模ラウンジに向いている人>

  • 営業ノルマのない夜職がいい
  • ママの下で働いてみたい
  • アットホームな雰囲気が好み

小規模なラウンジは、スナックよりもやや高級感があり、クラブよりもフランクな雰囲気を持つ傾向があります。また、ノルマやペナルティがない店がほとんどのため、売上面でのプレッシャーを感じずに働けるのは大きなメリット。

<高級・大型店系のラウンジに向いている人>

  • 固定客をしっかりとつかんでいきたい
  • 頑張った分だけ給料に反映される働き方が好き
  • ルックスに自信がある

ラウンジの中でも、高級店や大型店に向いているのは、売上に対するモチベーションが高い方です。ノルマの有無は店によりますが、”人気度”が分かりやすく出るのが高級店の特徴ですので、プレッシャーに強い人・ルックスや接客力に自信のある人が向いています。

ラウンジに関する疑問を解消

いざ働いてみようとすると、「あれ?これってどうなんだろう?」と、ちょっとした疑問が出てくるものですよね。ここからは、ラウンジに関するよくある疑問を解消していきましょう!

服装は?

キャバクラと比べると、比較的カジュアルな服装が一般的です。とはいえ、ニットやデニムはもちろんNG。スナックに近い雰囲気のラウンジならきれいめワンピース、高級店や大型店では、派手過ぎないミニ丈ドレスなどが合うでしょう。

また、どのお店でも貸出用の衣装は常備していますので、体験入店時に着る服の心配はいりません。自前のドレスやワンピースは、本入店するお店が決まってから購入するのがおすすめです。

髪型は?

髪型に関しても、美容室に通ってのヘアメイクまでは必要ない店がほとんど。(一部、高級店や大型店ではキャバクラと同じようにヘアメイク必須のケースもあります。)

もちろん服装と同じで、いくらカジュアルでOKと言っても、夜の世界に映える程度に整えていくのが常識です。体験入店で、すでに働いているキャストがどれくらい髪型に気を遣っているのかな?という部分をチェックして、程度を合わせるとベストですね。

自分に合うラウンジを見つけるコツ

お伝えしてきたとおり、ラウンジとひと口に言っても、さまざまなタイプがあります。その中で自分に合うお店を見つけるためにはどうしたらいいんだろう?と思いますよね。

そこでここからは、お店を探すときのコツを3つお伝えしていきます。

自分の希望・条件を整理しておく

第一に重要なコツは、あなたが働く上で譲れない条件や希望を整理しておくこと。

  • 働きたい曜日・日数
  • 送迎希望の有無
  • 最低でも欲しい時給ライン
  • 服装やヘアメイクの好み
  • お酒はどれくらい飲めるか

特に「働きたい曜日・日数」「お酒はどれくらい飲めるか」については、ラウンジの面接時に必ず聞かれます。ハッキリとした受け答えで好印象を与えるためにも、事前に整理しておいてくださいね。

上記したポイントをあらかじめ整理しておくと、求人情報から条件が合うお店を見つけやすくなりますし、実際に体験入店をするときの比較ポイントにもなります。

働くエリアにあるラウンジをリサーチする

東京なら六本木なのか歌舞伎町なのか、大阪ならキタなのかミナミなのか、大都市に行くほどエリアごとの個性が出てきますので、まずは最初の段階でエリアの絞り込みリサーチを。

歓楽街が限られている地方都市の場合でも、「どんなラウンジがあるのか」をざっくりとリサーチしておきましょう。その上で、時給や勤務日数など、条件に合うお店を2~3軒程度ピックアップしてください。

3軒程度の体験入店へ行く

夜職で働くお店は、体験入店をしてみないと合うかどうか分かりません。時間と手間はかかってしまいますが、3軒程度のお店に体験入店をして、比べてみてください。

くりかえしますが、ラウンジはお店ごとの違いが大きいジャンルです。キャバクラやスナックのように”ある程度はどの店も一緒”ということがありませんので、実際に働いて比べる作業は必須。

条件・雰囲気・客層など、あなたにとって重要なポイントを軸に比較してから決めていきましょう!

ラウンジ以外の夜職もチェック!

ここからは、ラウンジ以外の夜職について、時給相場や特徴などを整理していきます。特にこれから夜職デビューとなる方は、どんな違いがあるのかをおさえてからお店選びに進むと、よりスムーズにあなたに合うお店と出会えるはずですよ♡

キャバクラ

  • 入店時時給相場:2,500円~3,000円
  • ノルマ:あり

夜職の王道とも言えるキャバクラは、時給が安定して高い傾向にあるのが特徴です。地方でも東京や大阪とそれほど大差ない時給でスタートできるので、「まずは高時給でモチベーション高く始めたい!」というタイプの方におすすめ。

ただし、毎月の売上や同伴回数に課せられるノルマは厳しめ。最初の数カ月は時給を保証してもらえますが、保証期間が過ぎれば逆に時給が下がるケースもあります。

キャバクラで上手に稼いで行けるかどうかは、入店後の数カ月にかかっていると言っても過言ではありません。

ガールズバー

  • 入店時時給相場:1,200円~1,500円
  • ノルマ:なし

ガールズバーは法律上の立ち位置が一般的な飲食店のため、他の夜職のように近い距離感での接客やノルマがありません。夜職への不安が強い方・カジュアルな雰囲気でノルマなく働きたい方におすすめです。

ガールズバーはお店によって独特のコンセプトを持っていることが多く、バニーガールやメイド風など、着用する衣装にもコンセプトが反映されます。ガールズバーで働くなら、自分のルックスやキャラクターが活かせるコンセプトのお店を選ぶのがポイントです♪

スナック

  • 入店時時給相場:1,800円~2,000円
  • ノルマ:なし

スナックも、一般的にはラウンジ同様にママがいます。夜職の中では時給相場が低く、バックなどもあまり期待できないジャンルではありますが、アットホームな雰囲気の中で働きたい方にはおすすめです。

客層も30代後半以上が中心のため、比較的落ち着いています。また、基本的には常連客で回っているのがスナックの特徴でもありますので、初対面接客のストレスは少なめです。

クラブ

  • 入店時時給相場:1,800円~3,000円
  • ノルマ:店による

上記したとおり、時給相場もノルマも、かなり開きがあるのがクラブ。東京や大阪ではエリアによってのランク分けも分かりやすいですが、地方の歓楽街になると実際にお店を見てみないとどのレベルか分かりません。

「高時給だけど採用基準もノルマも厳しい」「時給は低めだけどノルマなしで働ける」など、いろいろなクラブがありますので、体験入店でしっかりとチェックしてくださいね。

まとめ:夜職デビュー体験入店から!

ラウンジにもさまざまなタイプのお店がありますが、基本的には

  • ママがいる
  • ノルマはない
  • 時給相場は東京で3,000円程度~
  • 服装や髪型は落ち着いたきれいめな系統が◎

このような特徴を持つのが一般的です。

ラウンジかキャバクラか、はたまたクラブやスナックか……と、まだ働くお店を絞り込めていない方もきっと多いですよね。

どのジャンルで働くにしても、夜職デビューの第一歩は体験入店です!

ポケパラ体入には、分かりやすく知りたい情報が掲載されていますので、こちらもぜひ活用してくださいね♪

  • URLをコピーしました!